YURI’S THERAPY ROOM

セラピストYURIがお届けする愛と癒しのスピリチュアル・メッセージ&どうってことないひとりごと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏至のマジカル・ミステリー伊勢

2009年の夏至は大好きな伊勢で迎えました。

今回は名古屋からレンタカーでしたので 盛りだくさんにいろんな所に行けました。

まずは瀧原宮 ここは以前名古屋から熊野に向かう途中に偶然通りかかった神社でしたが とても気持ちがよかったのを覚えていて また訪れたかったところです。雨上がりで森林の木々も瑞々しく とても清々しいエネルギーの神社です。

次に猿田彦神社~外宮~内宮と伊勢神宮に参拝しました。
伊勢神宮はまず外宮から先にお参りするのが古来よりの習わしと言われていますが わたしは今まであまりこだわらず何度も内宮から参拝してしまったりしています。
(お寿司ならまず一番好きなものから食べちゃうタイプですからね。。。)でもまぁ今回はグループ行動だったので習わしに従いました。

内宮参拝も無事終わり 愛に満たされて あぁ もうすっかり満足。感謝です。
おかげ横丁でお昼ごはんも食べ 五十鈴川カフェで美味しいコーヒーも飲み、カッコいい神恩太鼓も堪能し 赤福もいただいて ひりゅうずも買い食いし もうすっかり満足。帰ってもいいや、くらいな気持ちだったのですが ここからが第2章の始まりだったのです。

「じゃあさ 時間も余ってるから 伊雑宮とか天岩戸神社とか行ってみる?」みたいな感じで向かったのですが 天岩戸神社にやられました。。。

こんなところがあるなんて知りませんでした。
ここは凄いところです。本当の名前は瀧祭宮といいます。
あれ、そういえば伊勢神宮内にも瀧祭宮ありましたね。五十鈴河のところに御祀りされていました。
水の神様です。

清流の脇の道を200メートルほど進んだ所にその神社はあり そこからの水は日本100名水とされています。
天岩戸伝説のある洞窟の右手にお祀りされているのですが 御神体には鏡が置かれていました。この正面に立ってお参りすると渓谷沿いにすごいエネルギーが流れてきて 身体が熱くなってきます。これは敏感な人でなくともはっきりわかります。

少し戻った脇道から 風穴という矢印に沿って進むと 山道を登る道になります。
300メートル先風穴、という看板が出ています。
ところがあと100メートル というあたりで暗くなり始めました。そろそろ7時近いのです。夏至で一年で一番太陽が長く照らす日、とはいっても 山の中の日没は大変危険です。何しろ明りは全くありません。つるべ落としに急に暗くなったらこの道を引き返すことはできるのだろうか?

そこでわたしたちのとった行動は風穴に向かって山道を猛ダッシュ!!でした。ずんずん暗くなってゆくのでもう無理かも、引き返そうかと思った瞬間 着きました。

そこはとてもとても不思議な場所です。
岸壁に開いた穴から 何とも心地のいい 神氣に満ちた涼風が吹き出しているのです。
あぁ 心ゆくまでこのエネルギーを味わいたい この神氣に晒されていたい 心からそう思いましたが そうは言っていられません。タイムオーバー。刻々と日没が近づいています。
大急ぎで感謝のお参りをし 帰り道はうさぎさんのように山を駆け下りたのでした。
こんなことになるなら あのおかげ横丁でののんびり加減は一体何だったのか、という疑問は置いておいて とても充実したお伊勢参りでした。

この瀧祭宮 是非一度行ってみる価値ありです!
水・地・風・木の4つが揃っています。この日は夏至でしたのでここに火のエレメントが加わり5つが揃ったのでした。パワー全開ですっ。
そしてその近くにある「オウム岩」もとっても楽しいですよ。
 




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

つぶやいてます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。