YURI’S THERAPY ROOM

セラピストYURIがお届けする愛と癒しのスピリチュアル・メッセージ&どうってことないひとりごと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星になったケリー

ケリーが亡くなりました。

沢山の愛と癒しのエネルギーを送ってくださったみなさま
本当に本当にありがとうございました。

また優しい言葉や励まし わたし自身のことを気遣ってくださった方々にも心から感謝します。

今はケリーがもう苦しくないということがはっきりしているため 心配と緊張から解放された解放感の方が強く 喪失感や悲しみには実感がありません。

ご飯を食べなくなり 水も飲まなくなって2日目 急に容体が急変したケリーを掛かっていた獣医さんとは別の最寄りの獣医さんに連れて行けば また一から検査でした。

驚いたことに 心電図をモニターしたらケリーの心臓は完璧でした。波形も整っており 年齢の割には力強く 心不全の兆候は見られなかったのです。
みなさんのお祈りが届いたのに違いありません。

けれどもケリーの腎臓の機能を示す血液検査の値は 若い子でもとっくに亡くなってしまっているほど悪かったのです。腎不全でした。

シェットランドの純血種は先天的に腎臓が弱いのだそうです。知りませんでした。
ケリーはいつだって丈夫で元気いっぱいで天真爛満だったから 少しづつ具合が悪くなっていることに気がつきませんでした。でも10日前の血液検査では腎臓の値は基準値内だったのです。
腎臓はその機能の75%が失なわれるまで目立った症状も出ないことが多く 75%を超えると急に症状が出て そのときにはもう手遅れになっていることが多いのだそうです。だから前もって予防に励むことが必要だったのです。

ケリーは本能的に最期の準備をしていたのに わたしがジタバタして獣医さんに連れて行ったり 点滴したりして ケリーを苦しめちゃったんじゃないだろうか?

家に連れて帰り 最期の時を待ったけど わたしの想いが重すぎて ケリーはなかなかあちらの世界に行けなかったんじゃないだろうか?

ケリー ごめんね。たくさんごめんね。

家で寝たままの状態になってからも 抱っこして大好きなお散歩道に連れてゆくと どんどん元気になって 小走りになってしなうほどだったのです。ケリーはとても心の強いこだったのだと思います。

でも最後の日にはもう足を上げておしっこをすることもできなくなって 伏せをして座りこんでしまいました。すごくすごく悲しかった。
抱っこで家に連れて帰るとき首を後ろに向けてずっと見ていました。

本当にお散歩が大好きだったんだね。
もっともっとたくさん連れて行ってあげればよかった。
暑い季節にはうんと早起きして 涼しい時間に行ってあげればよかった。
これからたくさん涼しい道をお散歩できたのに。
してあげなかったこと 気づいてあげなかったことの後悔は沢山ある。
それがわたしの苦しみの原因だ。自責の想いがこんなに苦しいものだなんて 今まで自分を甘やかしてきたわたしは知らなかった。
ひとつづつ手離してゆこう。

いつのまにか夏が終わっていた。
わたしの季節もまたひとつ終わったのだと思う。
いつかこの脱力感を感じ終えたら また新しく歩き出そう。

みんとのときには雨上がりにくちなしの香りが漂っていた。
毎年くちなしの香りに気付くとみんとのことを想う。あれからまた一年たったのだと。
ケリーが亡くなり久しぶりに外に出たとき まぶしいくらいに瑞々しく百日紅の花が満開だった。
百日紅がケリーのお花なんだね。
深い悲しみに出会う前のわたしにはもう戻れない。
でもそれは素晴らしいことだと思う。
どんなに底なしのように思える悲しみも 時間とともに和らいで また笑えるときが来ること 美しい思い出と愛だけが結晶のように残ることを知っているのだから。

可愛い可愛いケリー。
ケリーはいいこだから天国でいっぱい可愛がられて しばらく自由に楽しく過ごしてね。
いつかまた やっぱりママのところに戻りたくなったら ケリーにそっくりな姿で生まれ変わってきてね。そうしたならきっと見つけるからね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

つぶやいてます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。