YURI’S THERAPY ROOM

セラピストYURIがお届けする愛と癒しのスピリチュアル・メッセージ&どうってことないひとりごと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造物に独自のスピリットは宿るのでしょうか?

うかうかしてるうちに もうすぐ3D「アバター」が公開になるわ~  
ゆかなくっちゃ ゆかなくっちゃ。

さて 3D映画「クリスマス・キャロル」から クローン羊ドリーへ そしてまた・・・という風に わたしの思考はネットサーフィンのように移り変わってゆくのでありました。

ドリーには独自のスピリットが宿っているのだろうか?
人間による創造物に宿っているスピリットは独自のものなのか?という疑問が湧いてきたのです。

無機物にもスピリットは宿っています。
たとえばクリスタルや石などの自然界のものはもちろん 人形や椅子 部屋など あらゆるものに意識が存在しています。

わたしが初めて無機物 セドナの大きな岩の意識とコンタクトした11年前のお話はこちらでご覧いただけます。

人が創造した無機物 たとえば作品などには 作った人の意識が宿っているように感じます。それは「意図」と言ってもいいかもしれません。

わたしたちの意識というものはある程度集中して維持されると「念」とよばれるような 一つの独立したエネルギーの存在になるようです。よく「この人形には念がこもっている」、とか「この絵には魂がこめられている」などと言いますね。それは実際何らかの生命を持っているかのように感じます。
「生霊」なんていう怖い感じで呼ばれるものもおなじものですね。それは実際に発生させた本人とは独立して存在してしまいます。ちょっとコワいよね。。

その「念」と呼ばれるエネルギーはずっと維持されるのだろうか?
それとも漕がないブランコが だんだん揺れる幅が小さくなってゆき ついには止まってしまうように いつかは消えてしまうのだろうか?
どのような時維持されて どのような時消えてゆくのか?
宇宙のあらゆる存在はごくシンプルなある一定のルールを共有していることを考えれば
そのサイクルの長さに差はあってもおそらく発生しては消えてゆくのではないかと推測できる。

ドリー君のような特別な存在の場合どうなのだろうか?
ドリー君の始まりとなった細胞の持っていたスピリット(いのち)と創造した人(科学者)の意図としての「念」
それらは「いのち」として捉えるよりも ある目的 方向を目指す情報としてのエネルギー、「意図」と捉えた方がシンプルかもしれない。ドリー君の場合「生存」という「意図」だ。

ですます体でなくなったあたりから ひとりごとチックになっていますね。。
その時に一番興味を惹かれることというのは わたしをゆくべき道に導いてくれるものです。
つまり「わたしは本当は誰であるのか?」に導いてくれるということですね。
引き続き「存在」「意識」「エネルギー」などについて つらつら、ぼ~ぼ~、テツガクしちゃいますぅ



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

つぶやいてます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。