YURI’S THERAPY ROOM

セラピストYURIがお届けする愛と癒しのスピリチュアル・メッセージ&どうってことないひとりごと

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AVATER

20091221232209_01_400.jpg



タイタニックのジェームズ・キャメロン監督の
最新映画「AVATER」にわたしはすっかりハマっている。
やっと2回観に行ったけど 公開中にあと何回観に行けるかな。

わたしはディズニーランドには かれこれもう8年くらいは行ってないと思うのだけど
ディズニーランドみたいに 行って帰ってくると またすぐに行きたくなる、あの感じと同じです。

この映画は(3Dで観るなら特に)2回目のほうがイイかもしれない。
一回目はどうしてもストーリーを追いかけなくてはいけないから
あの映像美と臨場感を味わいきることができない気がします。

たぶんすごい情報量なんだろうな~
約3時間。
観終わった後すごくお腹もすいてしまいます。
(脳がフル回転しているのでしょう)

なんといっても3Dの映像が
もう信じられないくらいに美しく 素晴らしいです。


ストーリーはダンス・ウィズ・ウルブスやポカホンタスによく似ているのだけれど
舞台となるパンドラという惑星が 信じられないくらいの美しさ。

特にジェイクという青年がナビィというパンドラの原住民の娘に
いろんなことを教わる森の中のシーンがとても美しいです。
この部分だけで一時間くらいあるのが嬉しい。


狩りのしかた

森の生き物と他との絆の結びかた

生命の力を信じること


美しいけどパンドラは ヒトだけのものじゃない。
たくさんの野生のいのちが共生し合ってる。

だから癒しの場所なんかじゃ全然なくて
生命エネルギーが渦巻いてる。

そこに生きるものも
野生を失えばその一員としてそこで生き延びることはできない。

何によっても支配されない野生の美しさと神秘生が
場所自体にある。


それを見れば
土地とか森、惑星自体が
ひとつの生命体であることを
はっきりと思いだす。

いつからわたしたち人類は
土地やほかの生命を
すべて支配しようとしてきたのだろう。

当たり前になってしまっていたけれど
それがとてつもない暴力だということに
今さらながらに気付く。

今わたしが住んでいる家だって
たくさんのほかの生命から
暴力的一方的さで奪い取った空間なのだ。

いつからわたしたちは
こんなに傲慢になってしまっていたのかしら。。。

自分達以外の生命にリスペクトを忘れて
自分達の快適さだけを 追及してきてしまった。

いつから?
そしてどんなきっかけで
そんな風になってしまったの?

いつからそれが当たり前のことのように
思えるようになってしまったのか?


ナビィという原住民の女性の野生の美しさが心を惹きつける。

わたしたちが便利さと引き換えに
失ってしまった何かがそこにはあるみたい。

地球から派遣された青年が
自分を超えた何かのために
ナビィの一員として
命をかけて戦うシーンも本当に美しく胸を打つのです。


最初に行った映画館では 3D眼鏡をくれた。

お家でも3Dで映像を見られる日が
きっと来るのね。

そうしたらまっ先にAVATERのDVDを買わなくっちゃ!

そうしてもしもそこに
一匹だって虫が舞い込んできたなら
わたしはきっと大騒ぎするのだわ。

野生を失ってしまったわたしは
パンドラのように美しい星で
生き延びることはできるのかしら?

ちょっとサバイバル訓練が必要ね。





Comment

残念! 

YURIさん、こんにちわ。               子供もみたいというから、一緒に見に行ったのですが、見だしてすぐ上の子(9歳)がこわい~やだ~と映画館の外に飛び出し、下の子(5歳)はこわいけど、見たい!で出たがらず・・私は廊下と映画館をいったりきたりしてたのですが、ついに係の人に「お子様ひとりでいるのは危険かと・・」と注意され、見たいと半べそかく下の子を無理矢理連れ出し、映画館をでました~!
我が家の爆笑アバター鑑賞記でした!
やっぱり子供に3Dは刺激が強すぎらしいですね・・。今度はひとりで行けたらいきます!
  • posted by ゆみ 
  • URL 
  • 2010.01/20 14:11分 
  • [Edit]

そうだったの~ 

それは残念だったわね~ 子供が小さいうちはよくそういうことあるよね。
実は前回クリスマスキャロルの時に書こうと思ったことなんだけど 並びの席に1歳未満の赤ちゃんを抱っこしてるママがいたの。亡霊が出てくるシーンは大きい音ですごい迫力だったから まだ何が起こっているのか分からない赤ちゃんにはすごい暴力的なことに思えて 思わず出た方がいいのではないかってアドバイスしたくなってしまって。。。一緒に見た人にう~~~ん、、、って同意してもらえなかったからやめたのだけど トラウマにならないかしらってずっと気が気じゃなくて 落ち着いて観れなかったのよ。
1歳とか過ぎれば 「嫌」って自分で意思表示できるけど まだできない月齢だし その時代って何でも潜在意識に入っちゃうんだよね。大きい音とか強すぎる刺激は注意した方がいいかもね。
AVATERは素晴らしい映画だし 子供にもOKだと思うのだけど 現実との区別があまりないうちは 最後の一時間は刺激が強すぎるから(大人にとっては素晴らしいメッセージ性を持つけど) 3Dで見なくて正解だったかもね。
パパに預けて落ち着いて再挑戦してみてね♪
  • posted by YURI 
  • URL 
  • 2010.01/22 19:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

つぶやいてます♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。